婚活・恋活パーティーでやってはいけないこと【女性編】

ラグジュアリーパーティーです。
婚活・恋活パーティーを東京、名古屋、大阪で行っています。

前回に引き続き、婚活・恋活パーティーで素敵なご縁をつかみ取る為にやってはいけないことを記事にまとめました。
前回は男性編を更新しましたが、本日は女性が婚活・恋活パーティーでやってはいけないことをお伝えします。

ポイント1 受け身になりすぎない

婚活・恋活パーティーに参加される男性は、全員がお話し好きという訳ではありません。そして、初対面が得意ではない方もいらっしゃいます。そういう方でも面識のある弊社のスタッフととても気さくにお話しされる方も多いです。要は、ちょっと距離が近づくと楽しく話せるという方なんですね。
女性は、会話で引っ張る必要はありませんが、男性のいい部分を引き出すように心がけていただくと、よりいい出会いをしやすくなります。
女性側が受け身になりすぎてしまうと会話がお互い出てこなくて相手のことを知る前に終わってしまいます。
ですから、プロフィールシートにあるような、出身地、休みの日の過ごし方など基本的なことでいいので女性の方から質問をどんどんしてみてください。

ポイント2 無理をしない

ポイント1と矛盾するようですが、そもそもポイント1は女性からぐいぐい話してください!ということではないんですね。あくまで、男性が話しやすいように質問をしてみてくださいということでした。
婚活・恋活パーティーで女性があまりにテンションが高くて男性がついていけないという場面はたまに見ます。(もちろん、逆の場面もあります。)もともと、テンションが高いという方ならいつも通りで接するべきですが、いつもそうではないのに”無理して”喋っているという方に言いたいことは、婚活・恋活パーティーは無理せず自然体でいてほしいということです。
合コンですと、男性陣側から高いテンションを求められてしまうこともあるかもしれませんが、婚活・恋活パーティーは合コンとは違います。無理せず、いつもの自分で男性と接することが本当に相性のあう男性と出会う秘訣です。

ポイント3 友達と話しすぎない

これは男性の心のハードルを下げるために、少し意識してほしいことなんですが、お友達とご参加されている方はお友達とあまり話しすぎないことを意識してほしいです。お友達と盛り上がりすぎてしまうと、男性は心の距離を感じてしまうので本当にいい出会いを探すのであれば会場に着いたらお友達と別々に行動することも考えた方がいいかもしれません。

上記が婚活パーティーや恋活パーティーでいい出会いをするためにしてはいけないことです。
共通していることは男性も女性も意識せずに普段通り接することを心がけてほしいということです。

色んなタイプの方がいらっしゃいますから、必ず皆さんに合うかたがいらっしゃいます。
お気軽にご参加くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする