現代と昔のデートでの男性の変化とは?

スポンサーリンク
shinjyuku_tocyou20140921220547500-thumb-1200x800-5684

こんにちは♪
AUTUMNこと、結婚相談員の小池でございます。

今まで多くの方々の結婚のお世話をしながら、度々話題に出るお金に関してのお話をさせていただきます。

☆お見合い時のお茶代。

PAK88_coffee500-thumb-1200x800-5856

お見合いをされるときはほとんどの場合は一流ホテルのロビーで待ち合わせ、同じホテルのラウンジでお茶をしながら
お相手と会話をする、これが定番です。
土日はお見合いのカップルも多く、席の順番を待つ場合も多いものです。
実際はお背に着く前のお席を待ちながらの会話や態度も、もうすでにお相手からは見られていると思ってください。
そして席へ。不思議なことですが、女性たちはロイヤルミルクティを注文する人がかなり多い。
それは多分、その飲み物の名前を言えばエレガントだ、セレブだと思われるのではないかと勘違いしているのでしょう。
ラウンジの飲み物の中では一番高い飲み物ですが、実際は紅茶の利尿効果でトイレに行きたくなるので私はそれ以外の物、普通にコーヒーで良いのではないかと思います。

差てお話も弾み、そろそろ2時間。
お茶代はどうするのかしら?男女とも思うことです。
さっと、会計表を持って男性が席を立つ、一番、気持ちが良い行動です。
でもお茶代は男女平等と考えている男性も中にはいらっしゃいます。

でも、私が相談員として思うことはお茶代は男性が持っていただけるとありがたいと思っています。
学生時代の恋ではないのです、結婚相手としてお逢いしているわけですから。

そのように考えていますが、今までのある例をお話します。

それほど気に入ったわけではなかったのですが、当方の男性会員さんがある女性にお見合い承諾を出しました。
彼は超一流大学中退、そして年齢は40数歳、それまでもっと若い女性、もっと美人に申し込んでいたのですが、お断りが続き、偶々、申し込んでこられた38歳の短大卒の女性とお逢いすることになりました。彼女の容姿は普通、あまり美人とは言えません。

そしてお見合い当日、ホテルのロビーで待っていましたがお約束の時間を10分過ぎてもお相手は来ません。
私もこの時、付き添っていたのですが、2人でずっとあたりを何度も見まわしていました。
そして私は相談室に電話をかけましたら、ある事故に巻き込まれて、遅れるとの事。

そして彼女がやってきたのはお約束の50分後でした、そして髪は濡れていて、服装も普段着。
何の事故だったのですかと聞くと、彼女は湘南にサーフィンに行っていて、サーフインの仲間が溺れそうになった・・・・そのような事故?
お見合い前にサーフイン、そして1時間も遅れて、お詫びの言葉もなく、到底お見合いの服装ではない格好で現れました。

彼が彼女とラウンジでお茶をしたのは10数分、そしてお茶代は割り勘にしたそうです。

このようなお相手の場合は当たり前だと思います。臨機応変、全てお茶代は男性が持たなくてはということはありません。

また男性が出して当然という感じの女性には割り勘を言いだしてよいと思います。

そのことだけでも、感じ悪いのですから。

でもその反対に女性からの苦情もあります。
あるお嬢さんは30歳、医療に関した大学、6年制を卒業、かなりの美人さん。
けれど、言葉使いはため口、なれなれしい言葉を使い、態度もタイトではないので、お相手から軽い女性のように思われてしまいます。
育ちも良く、かなりの美人、スレンダーなのですが、このような言動や振る舞いでお見合いはできるのですが交際にはならないというところがあります。
都内のホテルのロビーで待ち合わせ、お逢いしてすぐに男性から言われたのは、ここではなく、別の場所でお茶をしない?ということ。
彼について行くと、そこはガサガサしてお買い物の途中にお茶をするようなカフェ、コーヒーは500円。
彼女と話す前に、立ち方など、パッと見た瞬間、この女性はないと思ったのでしょう。

安い喫茶に連れていかれてお茶代も割り勘でした。
本当は純粋であり、頭の賢いお嬢さんなのですが、振る舞い、態度でそのような扱いをされてしまったということが有ります。
私は彼女に同情しただけでなく、振る舞いに関してまた会話について、言葉使いに関して、直して欲しいと思い、指導させていただきました。

男性は相手の女性が感じ悪いと、この先はない、こんな人にお茶をご馳走したくないと思うようです。

本当は、相談室のルールではお茶代は男性持ちということはありません。でも多くの男性がお茶代は払って当然というお気持ちで払ってくださっています。

 

☆ 食事代、デート代。

婚活パーティー

いざ交際が始まると毎日の電話やメールなどで会話。

次のお休みにデートするまで、本気でその方を気に入ればそうしたくなるのが真実なのではないでしょうか?
会員さん達の悩みの中に、連絡を下さらない。もしかして好きではないのではないかということも連絡をマメに男性がなさらないと悩むことになります。
いくら電話やメールなど苦手!とおっしゃっる方でも、好きであればしたくなってしまうのが普通なのないかと思います。
事実、女性がかなり好ましく思っていてもお相手は彼女のどこかに妥協していると連絡をして来ないようです。

そして週末にはデートの約束。女性は特に、何を着ていったらよいかしらと、逢える愉しみとお逢いした時、もっと気に言って欲しいという思いからこれもまた悩みます。
でも、こんな悩みは幸せなことです。

映画を観て、お食事を。またはドライブで郊外まで足を延ばし、観光地へ。
そこでやはり思うことは、お食事代、またはドライブの場合はガソリン代や通行料、そしてやはりお食事代など、どうしたらよいかと女性は悩みます。
お見合いの時のお茶代を出して頂いた。また今度も、それも映画のチケット代、そして夕食代も?

私のアドバイスとしては、お食事代の半分を今度は私も持ちますでなくて、彼へのプレゼントを用意したらいかがでしょうか?
たとえば、ネクタイ、靴下など、身に着けるもので、自分自身のセンスを褒めていただけそうな物、そのような物をご馳走していただいたお返しに
差し上げたら、きっと彼は喜びますよ。

またドライブデートならランチは手作りのお弁当をお持ちしたらいかがですか?
女子力発揮だと思います。

 

このように、お金は男性が出して当たり前という女性は男性から見たら、決して素敵な女性だとは思えないと思います。
どこかに感謝の気持ち、または女性らしい思いやり、優しさをお相手に示した方が、もっと貴女を好きになってくださると思います。

気は心です。交際をするということはそのような人としてのどうなのか?といいところを見せる風景、見られる風景です。

 

 

AUTUMN

 

Autumnさん画像

Autumnさんプロフィール 大手結婚相談室で2社で活躍。チーフ アドバイザーを経験し今から10年前に独立。多くの会員さんたちに親身なアドバイスをさせていただき、成婚に導きました。日本全国からお世話になりたいという思いで、遠方からの会員さんが多い。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね