理想の恋人(完成品)を求めるのでなく、理想の恋人にあなたが作り上げていく。

スポンサーリンク
男性後ろ姿

こんにちは♪
Autumnこと結婚相談員の小池秋絵でございます。

恋人の居ない人に限って、理想が高い方が多いものです。
容姿はハンサムで、一流大学を出ていて、年収が高く、身長もすらっとしていて、優しくて、海外旅行なども年に2回くらい連れて行って
下って、自分が辛いときは励ましてくれて、お料理やお掃除も手伝ってくれて・・・・

男性の場合も、美人で優秀で、お料理上手で、あまり表に出過ぎず、控えめで、でもどこかに連れていく華やかなオーラで人の目を集中させるような素敵な女性。しかも、金遣いが荒くなく、お部屋のお掃除も行き届いていて、自分が帰宅すると、走ってきて出迎え、可愛い声でお疲れ様と言える人。

そうですね。男女ともこれらのことを叶えてくださる方がいらしたら良いですね。

でもこのような人は世の中にはほとんどいらっしゃいません。
これらの理想のいくつか持っている方はいらっしゃいます。

完成品、(理想の恋人)を見つけるのではなく、その方を50%気に入ったら、とりあえずお付き合いをされるべきです。

私が今まで会員さん達に申していたこと。それはお見合いの後、お相手はどんな感じでしたか?とお聞きしますと、
勿論、まったく興味を抱けなかった場合は、即、お断りしましょうねと伝えましたが、半分くらい好印象だったとお聞きした時には、捨てないで取っておきましょう(とりあえずは交際してみたらいかがでしょうか?という意味です。)と伝えて参りました。

それはなぜなのか?
一つは、完ぺきにお会いしてすぐに一目ぼれなんてことは数少ない稀なことであるからです。
そしてもう一つは、あまり気乗りしなかったことの中で、後で直してあげることができる場合のことです。

 

☆洋服や小物のセンスが悪い。

PAK86_jyoseibunnaguru20140321500-thumb-1138x700-4899

お見合いで逢った男性の服装のセンスが悪い。
超高学歴の方で、勉強ばかりして来られた方。このような方は、外見に気にすることよりも人は中身だと思う考え方をされる方が多い。
お顔もなかなかハンサム、もちろん、お話をすると少し堅い感じはするけれど誠実そうで、後は服装のセンスだけがネック。

このように思う女性はかなり多い気がいたします。
こういうタイプの方をお断りしてしまうのは実にもったいないことなのです。
デートの時、さりげなく、ショップにお連れし、こんな感じの服が似合うと思う。絶対に素敵ですと言ってみましょう。

お洒落をするということはくだらないことではなく、人が判断されるのはファッション的なことも関係するのだと彼もきっと気づくと思います。
小物はいつものお食事のお礼ですと言ってプレゼントされてみてはいかがですか?
女性のファッションセンスを男性の方が、ちょっとダサいなと思う場合もあります。
こんな場合は、こうおっしゃって下さい。
今日の服もなかなか素敵だけれど君にはワンピースが似合いそうだね。

美人だから、きっと似合うと思う。

ちょっと派手目だったり、あまりにも地味だなと男性も思うときもあるはずです。

服装も好みだったら良いのに。こう思うなら、是非にお相手を自分の理想に近づける努力をして見ましょう。
着るものなんて、中身には関係ありません。本当はどうでも良いこと、でもやはり気になりますよね。

☆会話の内容が理想ではない?つまらないダジャレや難しいことばかり話す。

モテない男

初めての会話・・・外見はお逢いしてすぐに判断できる材料。
そしてその後、お話をすると、その方の声のトーンや会話内容で、もっと素敵に見えたり、逆にがっかりしたり。

つまらない、ダジャレをお話の端々に入れてくる方や、逆に堅いお話ばかりで途中で聞いていたくなることもあります。
ダジャレを言うなら、センスある言葉を、固いお話をするだけでなく、お相手の反応を見ながらお話し、この方にとっては意外だなと思うような可愛い内容もいれてお話してみましょう。

たとえば、お花や映画のお話。誠実であることは確かだけれど、お話していてつまらない、退屈だと思われないようにお話してみましょう。

☆優しさを感じられない。

浮気 女性

お付き合いを始めると、いろんな場面に遭遇いたします。

小さなことで、お相手の冷たさ、やさしさがないと感じてしまう場合があります。

職場の同僚のことをお話しました。そして、自分をかばってくださる会話を求めていたのに、お相手は、同情もなく、無視。
あなたは泣きたくなってしまい、お相手が冷たい人だと思うでしょう。
ただ、お相手が優しくしてくださるのを待つのでなく、ご自分からこうしてほしいを言ってみましょう。

私は、悩みを聞いてくださったり、アドバイスを下さると嬉しく思う。
勝手に僻んで、後はプンプン。こういう態度は子供の時にする態度。嫌われてしまいます。

優しい人が理想。誰もはそうです。冷たい人が好きな人はいません。

お相手は、あまり気が回らないだけで実は優しい人かもしれません。黙っていてもいざというときは守ってくださる人かもしれません。
あなたが少しづつ、表現していただくよう、働きかけてみてください。

☆年に一度か二度は旅行に連れて行って欲しい。

合理的選択理論

今や海外旅行も珍しいことではありません。女性は特に好きな人と旅行に行くなら海外がと思っている方は多いものです。
でも、其れは理想で有って、そのようなことがない場合も沢山あります。
今年は、一泊二日の温泉に。来年は私もお金をやりくりするから行きませんか?とおっしゃってみてはいかがですか?
何かが欲しいと思ったけれど、買わないで我慢します。だから来年は!

または愛するご主人に喜ぶようなことをする。おいしいお料理を作る。いつも一工夫。

何もしないで要求をするのではなく、何かを頑張って、または、何かを我慢することで、感心してもらう。
そうすることで、自分がしたいことをしていただく。

完成品をいつも求めるのではなく、理想を現実にして行く。
多くの理想の恋人やご主人は女性が作り上げたのだと思います。

女性のみなさん、是非、頑張ってくださいね。

Autumn

 

Autumnさん画像

Autumnさんプロフィール 大手結婚相談室で2社で活躍。チーフ アドバイザーを経験し今から10年前に独立。多くの会員さんたちに親身なアドバイスをさせていただき、成婚に導きました。日本全国からお世話になりたいという思いで、遠方からの会員さんが多い。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね