恋愛合理的選択理論の末路~合理的な結果による「売れ残り」

スポンサーリンク
合理的選択理論

恋愛弱者リンドウがお送りする婚活コラムですが、今回第2回目より具体的な、私自身の反面教師事例をお示ししていきたいと思います。

今回は恋愛経験値と選択肢の問題です。 私は最底辺ですが、モテない男性というのは決して女性が嫌いというわけではありません。しかし、自分も磨く努力を怠る、あるいはどうしてよいのかわからないために、そのまずるずると恋愛を引き延ばしにしてきたがために、その年齢に応じた振る舞いができなくなってしまうということです。「童貞をこじらせる」というのはそういうことをいいます。

童貞自体は(玄人によって)捨てることは可能ですが、その場限りの関係しかないわけで、精神的な童貞はいつまでも引きずることになります。

男女それぞれ10人いたら~婚活市場においてのケーススタディ

これはある人が考えた理論です。市場原理に基づいて、10人の恋愛レベルが異なる男女がいた場合、完全に釣り合うことができず、男女ともに残ってしまうということを示しています。晩婚化や恋愛弱者が生まれる原因を、一応論理的に説明できるものになります。

<仮定>

男性①~⑩、女性①~⑩がいます。数字が小さいほうが、容姿やコミュニケーション能力など、いわゆる恋愛力が高く、簡単にいえばモテるということです。内面や人となりは考えません。あくまで自由恋愛やお見合いパーティなどで「上っ面」で評価される能力です。

<恋愛の合理的選択理論>

恋愛市場において男性がイニシアチブを取ることが多いので、行動の主導権は男性にあるとします。 いちばん能力の高い「男性①」は当然「女性①」をメインターゲットにしますが、次の「男性②」もひょっとすると付き合えるかもしれないので「女性①」をダメもとでターゲットにしつつ、自分と釣り合いそうな「女性②」、そして確実に落とせそうな「女性③」を並行してターゲットにします。

とにかく男は性欲のかたまりですので、とにかく付き合えそうな可能性を優先して、合理的な行動をとります。これを「合理的選択理論」といいます。これは「利益>不利益」を確実にできる方法を取るということで、政治学や社会学で応用されているのですが、ぶっちゃけると、男性は女性とエッチしたいので、容姿などよりも確実にエッチできる人を選ぶということです(身も蓋もないのですが・・・)。

ところが女性は違います。女性は自分を安く売りたくないので、できるだけ自分を高く評価してくれそうな相手を選びます。具体的にいうと「女性③」は「男性③」はあまり評価していなくて、「男性①」や「男性②」と結ばれることを希望します。ここに男女の行動原理に違いが生じます。すると、女性の中間層「女性⑤」~「女性⑦」あたりが残ってしまいます。「女性⑨」や「女性⑩」はわきまえているので、「男性⑥」や「男性⑦」とくっつきます(それでも「女性⑨」や「女性⑩」は自分を高く売ることに成功します)。

するとどうなるか、モテない男性「男性⑧」~「男性⑩」(リンドウ)は当然売れ残ります。一方女性で残るのは「女性⑤」~「女性⑦」です。ここに不均衡が生じます。男性の売れ残りは「女性⑤」などと付き合えればまったく不満はないのですが、女性側は男性の底辺とは絶対に付き合うことができないのです。従ってどちらもいつまでも結婚できません。

婚活市場において男性側は私のようなどうしようもない人間が多いのに対して、女性は「何でこの人が結婚できないの?」という人が多いのはそのためです。女性はモテない男性に妥協できますか?

婚活市場の現実の男性

このようなモテない男性が婚活においてはぞろぞろいます。しかし、外見やしぐさがまったくだめでも、人間性や性格、真面目さはレベル上位の男性に負けないかもしれません。そうした一見してわからない男性の魅力を評価してあげられるのかどうかが、婚活成功の分かれ目だといえます。

童貞をこじらせている男性は、その年齢に応じた経験がないので、コミュニケーションやスキルがおろそかになっています。ゲームで例えると、スタート地点のモンスターとしか戦えない戦士が、そのまま月日だけ経過して、別の島の強い魔獣とは戦えないのです。通常は、その年齢に応じて戦ってレベルアップしているのですが、それを怠ったため、もう進むも引くもできない状況に陥っている男性が婚活市場には多いのです(もちろん、みんなとはいいません)。

そういうのを包んで揚げられる「温かさ」「慈悲」があるかどうかが婚活成功の分かれ目だと思います(母性ともいうかもしれません)。

 

まぁ、私の場合は内面の評価もなかったからこういう結果になったので自業自得なんですが、どうしたらよかったのかいまだにわかりません。ていうか、こんな理論を考えているモテない男はキモイですね(笑)。

リンドウさん画像

リンドウさんプロフィール ジェットコースターのような人生です。その間、婚活でさまざまな経験をいたしました。決して成功事例ではなく、むしろ失敗談ばかりですが、そういうものを反面教師にしていただけるよういろいろな体験談や結婚相談所、婚活の実態を伝えられればと思っています。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね