出会いの確率論を考えます~いちばんいい人に出会うためのオペレーション

スポンサーリンク
確率論

モテない恋愛弱者リンドウの記事ですが、今回は4回目です。2回目、3回目と「それっぽい」理論で書いてきましたが、実際にはまったく実践する能力もなく、口だけの男の私です。ただ、自分から断ったことはほとんどないんですよね。何がそんなに悪いのかと思います・・・。

さて、今回も「それっぽい」理論と婚活を組み合わせてみます。テーマは確率論です。

出会いの確率論~いちばんいい人と出会えるための戦略

実は私が考えるまでもなく、イケメンリア充な経済学者の方がすでに理論立てています。経済学と確率論を応用したもので、簡単にいうと、最良の相手に出会うためにはどの段階から本気を出せばよいのかというものです。

結論を書きます

<前提>
・出会いの人数を10人と仮定します

<結論>
最初の3人は無条件で見送って(お断りする)、4人目以降でこれまでで一番よかった人と結婚する

というものです。

つまり最初の3人が

1人目:40点
2人目:10点(リンドウ)
3人目:60点

だとすると、この3人は見送ってください。

4人目が60点より高そうならその人と結婚してください。4人目が30点くらいならばその人は見送って、以降5人目、6人目・・・と、60点以上が出るまで待ってください。60点以上の人が出た段階でその人と結婚します。

10人しかいないのに4人目以降が60点未満だったらどうするの?ということになりますが、確率論なので最終的に10人目になってしまうこともあります。

ただし、最初の3人も見送ることで、はずれを引く可能性を下げるというやり方です。統計的に4人目以降で60点以上の人が出る可能性が高いということです。

いずれにしても、私は10点なので、箸にも棒にもかからないことは確かです!見捨ててください。

これは37%理論というそうで、10人ではなく20人、30人となった場合は、最初の37%を見送ってくださいというものになります(私の理論ではありません)。

私の経験からの確率論の修正

経済学的にこの理論は優れているのですが、失敗談からの反面教師の私の記事ですので、これを私の失敗の基づいて修正します。前の2記事は露論そのままの紹介でしたが、今回は少し自分の色を入れます。

結婚相談所への応用

この最初の約3分の1は見送るというのは、現実的には、お金を払い続ればどんどん相手を紹介してもらえる大手結婚相談所向きのやり方です。ここならば、30人、40人の紹介も可能ですし、最初は慣れるために経験値を積むと割り切るのも1つの考え方です(相手の男性には申し訳ないのですが)。

何人もの男性と会って経験値が上がれば、あなたの婚活レベルも上昇するのでより効果的な結果が得られます。

ただし、大手結婚相談所の場合考慮していただきたい要素が2つあります。

1.並行交際可能

最初の3回目くらいまでのデートは、「お試し期間」なので複数の相手と会うことも可能だといわれています。要は本命が現れるまで「キープ」しておくこともある程度可能だということになります。これならば、最初の3分の1にいい人があれば、キープ要因に回せます。

なお、この段階で相手の誘いに乗ってエッチとかしてはいけません。まだこの段階は恋人ではないとされています。デートも軽く。

2.会員登録期間

結婚相談所への入会時期が会員番号でだいたいわかってしまいます。要は、何年も活動していることが相手に分かると「決められない人、何か問題がある人」=「地雷」だと思われる可能性があります。これは確率論では考慮されていません。実際は活動期間が長くなると、「経年劣化」してしまうということなのです。

※年齢ではないことに注意してください!

同じ35歳でも、入会ほやほやの35歳は引く手あまたですが、入会5年目の35歳は「地雷」とみなされるということです。

お見合いへの応用

旧来の仲介人を介した「お見合い」の場合はこの理論はもっと修正されます。簡単にいうと、意味もなく断っていると、紹介そのものがされなくなります。10人目がそもそもやってこないのです。

お見合いにあたっては、仲介人はさまざまなコネクションや「つて」を駆使して苦労して引き合わせようとします。そうした苦労を無視して、会っては断り、会っては断りしていると、仲介人のあなたへの心証がきわめて悪くなり、紹介してもらえなくなったりとか優先順位が下がります。

相手のメンツもことごとく折っていくことになりますから、正直「優良物件」の紹介はなくなり「不良在庫」(私のような人)をあてがわれるかもしれません。お見合いの場合は、いいと思ったら即決してください。そのほうが案外結婚してからうまくいくようです(断定できないのは私が成功していないからです)。

結局どうするべきか

婚活の場合、結婚を目的としているので「いいと思ったら即断すべき」というのが私の考えです。ただし、慣れないうちに知らない間に決まってしまったというリスクがあることも確かです。

そこでこう考えてみてはいかがでしょうか?

最初の3分の1の見送り相手を1つの婚活方法に限定せず、なるべくリスクの低い方法で経験値を積む

具体的には、断っても問題がないようなネット婚活や、単発のお見合いパーティで男性の相場観をつかみます。ここが「婚活レベル1」。婚活にはこのレベルの男性がいるのか、と把握していただいて、もしちょっと気になる男性がいれば、メアドを聞くなど深入りしない範囲で粉をかけておきましょう。

ある程度婚活の経験値を積んだら、結婚相談所やお見合いで本気を出します。そこで「婚活レベル1」よりもいい男性が見つかったら、その人に決めるというやり方です。ここが「婚活レベル2」です。

いろいろなデメリットを考えると、このやり方がいちばん、はずれを引かないやり方だと思います。確率論も考慮して、なおかつ現実の不利益もないやり方だと思います。

我ながらよく結びつけました(自賛)。ただ、何度もいいますが私は成功していないので説得力がないんです。お見合いでもすべてOKしたのに、すべて断わられました。選ぶどころか、女性にとってはキープの価値すらない底辺の男とだと理解できます。

私の結婚できる確率は0%なんでしょうか!?

リンドウさん画像

リンドウさんプロフィール ジェットコースターのような人生です。その間、婚活でさまざまな経験をいたしました。決して成功事例ではなく、むしろ失敗談ばかりですが、そういうものを反面教師にしていただけるよういろいろな体験談や結婚相談所、婚活の実態を伝えられればと思っています。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね