モテない男の自己分析から婚活を考えてください~導入

スポンサーリンク
モテない男の自己分析~導入

モテない男リンドウの反面教師シリーズですが、ここで私自身の自己分析をしてみたいと思います。ただし、卑屈な独りよがりのものになってしまってもいけないと思いますので、カウンセラーからの他己分析を交えて、それを一般化してみたいと思います。

モテないことは欠陥か?

私は恋愛がまったくダメで、仕方なく己のステータスを武器に婚活ということで頑張ることにしました。 結果は以前の記事で書いた通り全くうまくいきません。お見合いでも連戦連敗でした。

正しくいいますと、ある人とそれなりにうまくいきかけたのですが、そこでうつ病発症ですべてが無に帰りました。今思うと、もし結婚できていても悲惨なことになったでしょう。

というわけでうつ病になった私は、その治療のために精神科のカウンセラーにかかることになったのですが、本来のうつ病の相談をしているうちに、私のモテない遍歴の話になりました。いろいろ本当のことをカウンセラーに打ち明けて、心理学の見地から意見をもらうことができました。

仕事などで接していても明らかにコミュニケーション障害とか、「なんか変だ?」と思う人がいるかと思いますが、自分はそうなんじゃないかということで、精神科の詳しい検査を受けることにしました。

結果は逆

結果は全く違うものでした。むしろ、責任感がありリーダーシップも感じられ対人スキルは高いという結果が出ました。もちろん、うつ病以外の精神的な問題はないとのこと。 私自身、まったくモテないために自己評価が最悪でしたが、よく思い出してみると小中学校のときは必ず生徒会の役員でしたし、何かあればすべてリーダーでした。就職してからもうつ病発症までは人事考課もすごくよかったという事実。カウンセラーにいわせると、なぜ女性に縁がなかったのかわからない。話していても普通。自分をよく分析できている。だからこそ「うつ病気質」なんだけどねとのこと。

空気を読めずに女性に失礼な態度を取ってしまうような男は、そもそもうつ病にもならないよ、ということでした。 ではなぜモテないの・・・・?

拾われない「個性」

カウンセラーがいうには、ある部分で極端にアピールできない人がいるようです。私の場合は、異性と意識するとまったくダメになってしまうタイプです。女性がダメなのではなく「異性」として意識するとその緊張が伝わってくるみたいです。

最近の男性は草食化している、覇気がない、アイドルや二次元に逃げるなどという分析もありますが、当事者としてそれはないです。そういう人がいたとしても増えたわけではありません。昔は、周囲がお世話をすることでそういう人も結婚できていただけです。

私のような「女性に対して極端に緊張する」という個性が拾われなくなってしまったからです。以前の記事で書いたように、男性の底辺と女性の中間層が残ってしまうわけで、男性の底辺はどうやっても自力で女性の中間層を落とすことはできません。 周囲が助けてあげることが必要な場合もあります。本当にモテない男性はどうやったらいいのかわかんないんです。運動ができないのは欠陥ではなく個性です。婚活や恋愛もそうなんです

と「下から目線」で訴えてみます。次回からは実際の私の失敗例を振り返ってみます。

リンドウさん画像

リンドウさんプロフィール ジェットコースターのような人生です。その間、婚活でさまざまな経験をいたしました。決して成功事例ではなく、むしろ失敗談ばかりですが、そういうものを反面教師にしていただけるよういろいろな体験談や結婚相談所、婚活の実態を伝えられればと思っています。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね