婚活パーティ、タダより高いものはない

スポンサーリンク
婚活パーティ

お久しぶりです。モテない婚活ライターのリンドウです。いかにして自分がモテないのか、その改善の方法がさっぱりわかりません。私がどうしようもないと自覚したのは、婚活パーティに出たときなのですが、実は仕事で婚活パーティの企画側に回ったことがあるので、その時の経験を書きたいと思います。

女性が集まらないから値下げ

事業として婚活パーティを行う場合、ある程度会費を吊り上げる必要があります。 ホテルを借りて、しっかりとした料理を出そうとすると、1人当たり6000円以上はどうしてもかかってしまいます。 しかし、こうしたパーティには男性は集まるのですが、女性は集まらないのが常です。

これは、女性に結婚願望がない、あるいは女性のほうが出会う機会が多い、ということを意味するものではありません。 こうした場に出てこようとするのは、生物学的に男性のほうが割合が多いというだけです。男性は性欲の生き物ですから、少しでも女性と仲良くなりたいのです。

会費を男性に傾斜配分しても、女性は集まりません。そのとき、どうしたかと言いますと女性を無料にしたのです。タダでもいいから来てくれ・・・。

 入り口で帰る女性

私たちが企画したものは、大手結婚相談所のパーティではないので、正直言いますと、男性のレベル(容姿、収入、社会的地位)はあまり高くなりません。中には、リーゼントで来ている「お前、どうなの?」と言う人もいたことも事実です。 しかし、何より問題だったのは、会場に来て男性陣を見るなり、その場から逃げた女性が複数いたことです。1人や2人ではなく5人レベルで。集団で逃げたのもいました。

確かに無料なので、ここで女性が帰っても、お金が無駄になるということはありません。しかし、色々な意味でこれは婚活パーティとしてはあってはならない事でした。

①言うまでもなく、男性側に出会いの機会が減ります。

確かに総合的なレベルは低いかもしれませんが、それはお互い様です。そういうことをある程度分かって来ているはずなのに、何で敵前逃亡してしまうのか。そんなに、スマートでしっかりできる男性は、こんなパーティに来ませんよ。

②その女性が帰ったことで、複数の女性の席が空いてしまいました。

もし、定員オーバーで断った女性がいたとしたら、その女性の出会いの機会も奪ったことになります。前日までのキャンセルであれば、キャンセル待ちの人に席を譲ることもできましたが、これでは対応できません。

当日、しかも会場でドタキャンするというのは、パーティ云々以前、人としてどうなの?という感じです。

私は下から目線のコラムなので、良くないことも言います。意識高い系のコラムニストの方ならば、男性の服装やたしなみがよろしくないと言いそうですが、そもそもそんなことができるならば、婚活の必要はないですし、私たちが企画したレベルの低いパーティなどに来るはずもないです。 自分の身の程をわきまえていただきたいというのが本音です。

こうした「ダメながら頑張りたい男性」と「はなから見下している女性」の組み合わせが多いのが、安い婚活パーティです。

 安かろう悪かろうではだめ

大手結婚相談所や、比較的ハイクラスの婚活パーティでは、男女ともしっかりと金額を請求し、かつ身分証明なども行います。 冷やかし半分で申し込む人は男女ともいませんし、不誠実な対応を取った場合は「ブラックリスト」に掲載されて、以降来ることはできません。ひょっとすると、同業者にも伝わるかもしれません。

やはり、婚活を行う以上、ある程度の出費は覚悟して、しっかりとしたところに行ってください。これは断言できますが、 女性の参加費が無料~1000円くらいのものは、男女とも絶対NGです。ろくなのがいません。

リンドウさん画像

リンドウさんプロフィール ジェットコースターのような人生です。その間、婚活でさまざまな経験をいたしました。決して成功事例ではなく、むしろ失敗談ばかりですが、そういうものを反面教師にしていただけるよういろいろな体験談や結婚相談所、婚活の実態を伝えられればと思っています。

詳しいプロフィールはこちら>>
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Facebookでコメントしてね