女性の写真

コラム

  1. Luxury Party Top
  2. 運命の人を引き寄せるために
  3. 人生を共に歩む結婚相手のパートナー像を描こう -コラム一覧-
  4. 結婚相手とは環境が似ている方がいい理由

結婚相手とは環境が似ている方がいい理由

類は友を呼ぶ

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、
人間は自分と同じような環境の人に好感を持つと言われています。
人種、育った環境をはじめ、宗教、趣味などが同じほど結びつきも強く、
心理学でも「類似性の法則」として証明されています。
ヤンキー同士、オタク同士、セレブ同士がつながるのもこのためです。

価値観の違いは生まれ育った環境の違い

価値観の違う人とは結婚できないとよく言います。
この価値観とは主に、金銭感覚、味覚、生活習慣、子育て、異性関係などで、
これらは生まれ育った環境や親の考え方で決まるといいます。
育った環境はその人の基本的考え方や価値観に大きく影響し、
夫婦になれば毎日顔を突き合わせるわけですから、
価値観がズレていると人生の大事な局面において衝突が増え、
ズレが埋められなくなることも多々あります。
料理の味付けや洗濯、掃除などの家事のやり方から、
朝は何を食べるか、シーツはどのくらいの頻度で洗うのかなどの生活習慣、
お金を使う際「もったいない」と思うか「せこい」と思うかという金銭感覚、
子どもが生まれた後の、子育てに関する考え方など、
価値観が違うと溝は深まるばかりです。
「価値観が同じか、または近い」イコール「生まれ育った環境が似ている」
といっても過言ではありません。

結婚相手とは環境が似ている方がいい

家庭環境が違いすぎる人とは、どんなに好きでも
結婚となると親・兄弟まで巻き込んで、うまくはいきにくいものです。
「好きになった人がたまたま家庭環境が違いすぎる人」であれば仕方ないですが、
婚活中でこれから結婚相手を選ぶというのであれば、
婚活パーティーで、なるべく多くの異性と話をして、
自分と似たような環境で育った人を探してみるといいでしょう。

パーティースケジュール

TOPへ戻る

東京、大阪、名古屋のイベントフォトギャラリー