婚活コラム

  1. Luxury Party Top
  2. パーティーコラム一覧
  3. 【としのさ】のメリット・デメリット

【としのさ】のメリット・デメリットとは?

さて、今回のテーマは「歳の差(としのさ)」についてです。

今、世間で話題になっていますよね。年上旦那・年下妻の芸能人夫婦。一回りの差は今では当たり前くらいです。

しかし、大昔の親同士で決める結婚時代では、このとしのさは当たり前にあった時代でもあります。そう考えると割と理解できてしまいます。

問題は、逆パターンです。年下旦那・年上妻です。これは一見尻に敷かれてうまく行っている様に感じられますが、実は落とし穴があるようです。

としのさの落とし穴

旦那がある程度の年齢を迎えたら、やはり若い子と浮気をしていたが一番大きな離婚原因のようです。どんなに努力をしていても、年齢に敵うことはできませんよね。言ってしまえば、努力をしても年齢に応じる体系だったり考え方だったり、自分ではどうする事もできないことがあります。最初はいいのです。男性側も最初は頼れる女性という信頼や尊敬の眼差しで見てくれますが、自分もある程度の経験を踏むと、その尊敬の意がなくなり、むしろ小バカにしたりします。専業主婦なら尚更です。社会から疎くなり、人とのコミニュケーションも乏しくなり、どんどん孤独感に襲われます。旦那に依存するしかありません。いつしか旦那とは距離が生まれます。最初は男性の方からアプローチをかけていたのに、最終的には女性の方が男性を追っかけているパターンです。女性にはもはや年齢的にも彼しかいなくなるわけです。この悪循環をどうしたら解消できるのででしょうか?

としのさでもうまくやる方法

まずは、お互いの年齢と自分の年齢を理解するべきです。そして、何年か後のイメージをしてみて下さい。いいところばかりではなく、悪い部分も先に考えることにより、いざ悪い部分が出てきた時に免疫がつきます。受け入れられる部分が多くなります。だいたいの若い男性は、あまり先のこと考えていません。目先の年上女性と一緒になれば、全てやってくれるとか金銭面でも援助してくれるなど、自分にとっておいしいところを優先的にかんがえます。もちろん年上女性もそうです。若い男性といると自分も若さをもらえると安易の考えの方もいるようです。

実際付き合ってしまうと、としのさをあまり気にしなくなってしまいます。時々でも、としのさを自分たちで確認し合う瞬間が必要です。もちろんいい事もたくさんあります。年代が違う楽しみ方を知ることができます。あの当時の流行りや今の流行りを比べてみたり。カラオケなんかはテッパンですね。

誰もがみんな老いていきます。しかし、としのさは埋まりません。お互いの理解が必要です。特に、自分が年上側だと年々我慢が増えていきます。知らず知らずに相手に対して遠慮がちになったり、年下側が、立場が上になっていきます。そうなると年上側はストレスが溜まるいっぽうで、気が付くとそのストレスを相手に投げつけています。相手はどんどん遠ざかっていきます。これが負の連鎖です。

そうならない為に、日頃から上手に距離を保つのも一つの手でしょう。うまい距離感が続けるコツです。では、男性が年上で女性が年下の場合は、男性は若い相手をもらった手前色々と尽くしてあげます。女性だって尽くしてもらえればどんどん居心地が良くなりますよね。そもそも男性の精神年齢は低いと言われていますので、ぐっと年上の方がちょうどいい関係性を築ける場合もあります。しかし、問題なのは性です。女性は年齢が上がれば上がるほど性に対して感じ方が変わってきます。感度が上がるのは有名ですよね。そこで、老いていく男性と身体の相性ですれ違いが生じます。

物足りなく浮気をしてしまう可能性もありますが、年上男性・年下女性の方が長持ちするようです。仮に年下女性が浮気をしても、年上男性は許してしまう傾向も多いにあります。自分に非があるから仕方ないと思うようです。しかし、根本的に人は誰かにと頼りたい・頼られたいと願う生き物ですので、年齢問わず安心できる相手を見つけて欲しいと願います。

お薦め恋愛&婚活記事
女性の見分け方の記事はこちら♪

婚活 アドバイスの記事はこちら♪

partyとはの記事はこちら♪

PAK86_dakiyoseru215182313-thumb-815xauto-18341 Luxury Partyマッチング コンシェルジュ
記事一覧へ ▲

パーティースケジュール

TOPへ戻る

東京、大阪、名古屋のイベントフォトギャラリー