女性の写真

パーティー入門

  1. Luxury Party Top
  2. お見合いパーティー入門目次
  3. お見合いパーティーの服装

パーティー入門

ご覧頂きありがとうございます。
当社Luxury Partyは年間総参加者数7万人を超える
リーディングパーティーカンパニーでございます。

当社ではこれまで恋活・婚活パーティーを東京、大阪、名古屋他、全国各地で開催しております。
ここでは様々な婚活や恋活の出会いパーティーについてのお役立ち集一覧です。
パーティー入門ではまだ参加したことない方は、知識を見につけたい人向けの入門ページを各分野別の掲載しております。項目別に分かれているので大変見やすくなっております。是非入門ページを見て頂きわからないことなどを見て頂き参加の際の知識をとして身に着けて頂ければと思っております。
また、意味などの説明もしておりますの是非この機会にお読みいただければと思います。
恋活・婚活パーティーに関してのわからないことや出会いに関しての記事をお役立集としてまとめておりますので何かわからないことがあった場合は是非ともご活用下さい。
パーティー入門目次
婚活パーティ入門目次
お見合いパーティー入門目次
恋活入門目次
街コン入門目次

お見合いパーティーの服装

服装は、出会いを見つけに行くのが目的ですので、ちょっと出掛けるのとは違います。
また、同性同士で買い物に行く感覚ともまた違います。

女性は特にお洒落に敏感ですから、妄想の男性をイメージしたり、会場内を勝手に作りあげてシュミレーションをしたりできます。
女性は男性より敏感ですし、細かいことにも気が付きます。
服装だって、異性が相手ですから気合いが入ります。むしろ新調するくらいです。
しかし、ここに罠があります。あまり派手過ぎると男性は引いてしまいます。
派手な女性はその場では声をかけられやすいのですが延長線上に将来があるかと聞かれると正直難しいかもしれません。
恋人以上嫁未満の関係性が強いです。お見合いパーティーに参加する男性は、割と年齢層が高めです。
ですので、自然と結婚を視野に入れている方が大半です。
女性だって、結婚に憧れがありますからもちろん真剣ですよね。
ですから、見た目だけで除外されるのは心外です。
でも、実際にお見合いパーティーは一対一で話す時間がとても短いので、第一印象だけで大半が決められしまいます。
勝負をする時間が短いので、いかに第一印象を良くするかなのです。

女性の方は、自分から見て少し地味かな?くらいの方が男性受けするかもしれないです。
立食スタイルの出会いパーティーとなれば、全身を見られるので少し気合いが必要ですが、お見合いパーティーは基本的に着席型スタイルです。
下半身より上半身の方が、気にした方が良いでしょう。顔回りが明るく写るような爽やかな色合いや、季節に応じてのTPOが必要です。
また、明らかに勝負に来ましたアピールのミニスカートや高めのピンヒールなどは、デートの時なら良いですが、第一印象勝負では相応しくありません。

また、お見合いパーティーは記入事項も多いですので手元も気にした方が良いでしょう。
長いネイルが派手目の色のネイルは、家事に連想されないのでご注意を!
淡い女性らしい色合いが好評です。

メイクも、付けまつげや濃いチークなどはスッピンが連想されないです。
肌がキレイなのが一番の好感度UPですので、日ごろのお手入れが重要です。
目元も、メイクだけが浮いているような印象を与えない様、自分のチャームポイントを引き出せるメイクを心掛けましょう!

次に男性ですが、男性は女性より不利ですよね。
メイクもネイルも武装ができません。ヒールを履くわけにもいかないので、身長やスタイルもそのままでの勝負です。
では、男性は何で勝負をかければ良いのでしょうか…
やはり、服装と髪型になります。お見合いパーティーは距離が近いので、より清潔感を出す必要がります。
髪型も女性同様、いかにも感は出さずに爽やかな印象になるようにして下さい。
服装も、休日でしたらスーツではなく、ジャケット着用に下のパンツはあえて同じ柄ではなく、デニムでもOKです。
逆に、スーツの方がかしこまって良いのでは?という方がいますが、逆に私服に自信がない現れです。いざデートの際、あまりにも私服がマイナスですと次に繋がりません。
最初から私服を出すことで、イメージを与えてしまう作戦です。
ですので、なるべく休日は私服をお薦めします。
男女共に、派手で目立つよりも清潔感を出して爽やかな印象で目立つようにしましょう!
独身男女がカップルでお話しするお見合いパーティー風景写真

パーティースケジュール

TOPへ戻る

東京、大阪、名古屋のイベントフォトギャラリー